入居した時の状態

賃貸マンション

まず原状回復とは入居した時の状態に戻すことをいいます。
これは不動産賃貸業者で契約する際に契約書をはじめ重要事項説明書にも記載されているのでよく読む必要があります。
気をつける点として原状回復でよくあることは、入居する際に部屋の現状をよく確認していないため入居者の過失の有無がわかりにくくなることがあります。 Read more

業者選び

タワーマンション

不動産賃貸の物件を退去する時に原状回復をする必要が発生します。
その際に重要なことが業者選びです。
基本的に原状回復する業者には大きく分けて建設業者や工務店、職人さん、原状回復に特化した会社の3種類あります。
建設業者や工務店は作業に対する幅広い対応力が期待できる反面、工事の大半を下請け業者に外注するため高コストになりがちで、スピーディさに欠けることがあります。 Read more

トラブル

そびえ立つマンション

不動産賃貸契約において、敷金の返還トラブルがしばしば生じてきました。
賃借人が住居を退去する際に、業者側が、原状回復とは「居住前と同一に回復すること」であるとし、通常使用による損耗だけでなく、経年劣化の分まで回復しなければならないとして、敷金をそこから控除することが自然慣行的に行われてきたからです。 Read more

経年劣化

そびえるマンション

不動産賃貸を明け渡す際,借主には借りた物件を入居時と同じ状態に戻すという原状回復義務があります。
ただし,入居年数に応じてどうしても避けられない経年劣化と呼ばれる部分は借主負担の対象には当たりません。
経年劣化とは,日焼けによる畳や壁紙の変色,テレビや冷蔵庫裏の黒ずみなどです。
これらは借主の不注意による損耗ではなく,通常の使用による自然損耗と考えられるため,国土交通省のガイドラインでも借主が修繕費用を負担する必要のないものとして挙げられています。 Read more

カレンダー

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー

オススメリンク

賃貸の貸し借りでは一番問題となるのが敷金と原状回復の問題です。信頼できる業者に頼むことで安心して話し合うことが出来るので、トラブルも避けられるんですよ。
現状復帰をする際は專門業者へ見積もりをお勧めします。様々なサービスもあるのでチェックしてみるのもいいですよ。